古語:

挟むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はさ・む 【挟む】

[一]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


間に入れて両側から押さえる。間に持つ。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「一人の男、文挟(ふみばさ)みに文をはさみて、申す」


[訳] 一人の男が、文挟みに書状をはさんで(差し出して)申し上げる。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


[一]に同じ。


出典大鏡 後一条


「とぐわきも知らず、うちはさめて置きたる」


[訳] (鏡を)どうして磨いたらよいかも知らないで、(櫛笥(くしげ)の中へ鏡を)はさんだままにして置いてある。









挟むのページへのリンク
「挟む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

挟むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




挟むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS