古語:

明らかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 明らかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あきら-か・なり 【明らかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


明るい。


出典源氏物語 椎本


「夜深き月のあきらかにさし出(い)でて」


[訳] 真夜中の月が明るく輝き出て。


はっきりしている。明白だ。


出典徒然草 一六七


「みづからあきらかにその非を知るゆゑに」


[訳] 自分自身ではっきりと自分の欠点を知っているので。


物事の道理・筋道に明るい。賢明だ。


出典徒然草 一九四


「あきらかならん人の、惑へる我らを見んこと」


[訳] 道理に明るいような人が、あれこれと思い悩んでいる我々を見ることは。


ほがらかだ。明朗だ。


出典源氏物語 若菜下


「むつかしくもの思(おぼ)し乱れず、あきらかにもてなし給(たま)ひて」


[訳] めんどうにお悩みにならず、明朗にお振る舞いなさって。









明らかなりのページへのリンク
「明らかなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

明らかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




明らかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS