古語:

春懸けての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はる-かけ-て 【春懸けて】

分類連語


春を待ち望んで。


出典古今集 春上


「梅が枝(え)に来(き)ゐる鶯(うぐひす)はるかけて」


[訳] 梅の枝に来てとまっているうぐいすが、春を待ち望んで。


春の気配が濃くなって。


出典平家物語 一〇・海道下


「志賀の浦浪(うらなみ)はるかけて」


[訳] 志賀の浦に寄せる波に春の気配が濃くなって。








春懸けてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

春懸けてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




春懸けてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS