古語:

春日の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

春日

分類地名


今の奈良市の中心地区に当たる、平城京の東方一帯の地域。春日山・春日野は平城京の官人の野遊びの地であった。


分類寺社名


春日神社(=今の春日大社)あるいは春日大明神(=春日大社の祭神)のこと。春日神社は藤原(ふじわら)氏の氏神で、祭神は常陸(ひたち)の国(茨城県)の鹿島宮(かしまのみや)の祭神を迎えた。



はる-ひ 【春日】

名詞

春の日。春の一日。[季語] 春。


出典万葉集 四二九二


「うらうらに照れるはるひに雲雀(ひばり)上がり心悲しも独りし思へば」


[訳] ⇒うらうらに…。



はる-ひ 【春日】

分類枕詞


春の日がかすむ意から、同音を含む地名「春日(かすが)」にかかる。「春日(はるひ)の」「春日(はるひ)を」とも。「はるひ春日(かすが)」


参考

「春日」と書いて「かすが」と読むのは、「飛鳥(あすか)」同様に、「かすが」にかかる枕詞(まくらことば)「春日(はるひ)」の文字を当てたため。









春日のページへのリンク
「春日」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

春日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




春日のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS