古語:

時にあふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とき-に-あ・ふ 【時にあふ】

分類連語


ちょうどその時機や時節に出あう。


出典蜻蛉日記 上


「折ならで色づきにけるもみぢ葉はときにあひてぞ色まさりける」


[訳] 時節でないのに色づいてしまったもみじ葉はちょうど秋になっていっそう美しい色になった。


時の運に乗る。時めく。よい時機に出あって栄える。


出典徒然草 三八


「愚かにつたなき人も、家に生まれときにあへば、高き位にのぼり」


[訳] 愚かでつまらない人でも、名門に生まれ、時の運に乗れば、高い位にのぼり。◆「あふ」は「合ふ」「会ふ」「遇ふ」と当てる。








時にあふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

時にあふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




時にあふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS