古語:

暗れ暗れとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 暗れ暗れとの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くれ-くれ(と) 【暗れ暗れ(と)】

副詞

悲しみに沈んで。心がめいって。


出典万葉集 三二三七


「くれくれと独りそわが来る妹(いも)が目を欲(ほ)り」


[訳] 悲しみに沈んで(浜辺を)ただひとりで私は来るのだ、恋人に会いたくて。


(道中)苦労しながら。はるばる。


出典栄花物語 浦々の別れ


「かの山近(やまぢか)にては下りさせ給(たま)ひて、くれくれと分け入らせ給ふに」


[訳] その山の近くでは(車を)お下りになられて、苦労しながら(山道を)分け入りなさったが。◆後には「くれぐれ(と)」。








暗れ暗れとのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

暗れ暗れとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




暗れ暗れとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS