古語:

暗れ塞がるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 暗れ塞がるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くれ-ふたが・る 【暗れ塞がる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


辺り一面が真っ暗になる。


出典今昔物語集 二四・一一


「四方(よも)にくれふたがりて、物も覚えず侍(はべ)りしを」


[訳] 四方八方辺り一面が真っ暗になって、物も何も見えなくなりましたが。


暗い気分に閉ざされる。悲しみにくれる。


出典大鏡 道長下


「世はくれふたがりたる心地せしものかな」


[訳] 世の中は暗い気分に閉ざされた気持ちがしたものだったなあ。








暗れ塞がるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

暗れ塞がるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




暗れ塞がるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS