古語:

曲の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きょく 【曲】

名詞

(道理の上で)曲がっていること。正しくないこと。


おもしろみ。興味。


(音楽・歌謡の)節(ふし)・調子。


音楽などの一段。また、その作品。



わだ 【曲】

名詞

入り江など、曲がった地形の所。



-み 【回・廻・曲】

接尾語

〔地形を表す名詞に付いて〕…の湾曲した所。…のまわり。「磯み」「浦み」「島み」「裾(すそ)み(=山の裾のまわり)」



まが 【禍・曲】

名詞

曲がっていること。邪魔なこと。災い。


出典古事記 神代


「そのまがを直さむとして成れる神の名は」


[訳] その災いを直そうとして生まれた神の名は。


参考

「まが神」「まが事」などのように、複合語の構成要素となることが多い。









曲のページへのリンク
「曲」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

曲のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




曲のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS