古語:

曲ぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま・ぐ 【曲ぐ・枉ぐ】

他動詞ガ行下二段活用

活用{げ/げ/ぐ/ぐる/ぐれ/げよ}


曲げる。


出典日本書紀 神功


「針をまげて鉤(ち)をつくり」


[訳] 針を曲げて釣り針をつくり。


(道理や事実などを)ゆがめる。まげる。


出典平家物語 四・若宮出家


「理をまげて、この宮の御命をば宗盛(むねもり)に賜(た)び候へ」


[訳] 道理をまげて、この宮のお命を宗盛にお与えください。


(感情を)そこなう。


出典源氏物語 桐壺


「世にいささかも人の心をまげたることはあらじと思ふを」


[訳] ほんの少しでも人の心をそこなったことはあるまいと思っているが。


(意志や願望を)おさえる。


出典徒然草 一三〇


「物に争はず、おのれをまげて人に従ひ」


[訳] 物事について人と争わず、自分をおさえて人に従い。








曲ぐのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

曲ぐのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




曲ぐのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS