古語:

曇るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くも・る 【曇る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(空が)曇る。


出典源氏物語 少女


「空のけしきもいたうくもりて、まだ暗かりけり」


[訳] 空のようすもひどく曇って、まだ暗かった。


(光や色つやが)暗くなる。くすむ。


出典源氏物語 初音


「御容貌(かたち)など、いと華やかに、ここぞくもれると見ゆるところなく」


[訳] お顔立ちなどは、たいそう華やかで、ここがくすんでいると見えるところもなく。


(心が)暗くなる。心がふさぐ。


出典更級日記 後の頼み


「ひまもなき涙にくもる心にもあかしと見ゆる月の影かな」


[訳] 途切れる間もない涙で暗くなる心にも明るいと見える月の光だなあ。









曇るのページへのリンク
「曇る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

曇るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




曇るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS