古語:

片端の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かた-は 【片端】

[一]名詞

不完全なこと。欠点。


出典源氏物語 藤袴


「三つ四つがこのかみは、殊(こと)なるかたはにもあらぬを」


[訳] 三歳か四歳の年長は格別の欠点でもないのに。


身体に障害のあること。


不都合なこと。不体裁であること。


[二]形容動詞語幹

⇒かたはなり。


出典源氏物語 末摘花


「あなかたはと見ゆるものは」


[訳] ああ不体裁だなあと見られるものは。



かた-はし 【片端】

名詞

(ものの)一方の端。片端。


(物事の)一部分。一端。


出典源氏物語 横笛


「かたはしをかき鳴らして」


[訳] (曲の)一部分を弾き鳴らして。









片端のページへのリンク
「片端」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

片端のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




片端のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS