古語:

片端よりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたはし-より 【片端より】

分類連語


片っぱしから。


出典方丈記 


「さまざまの財物(たからもの)、かたはしより捨つるがごとくすれども」


[訳] いろいろな財産を、片っぱしから捨てるように(安く売ろうと)するけれども。◆「より」は格助詞。








片端よりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

片端よりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




片端よりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS