古語:

片端なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かた-は・なり 【片端なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


欠点がある。不完全だ。


出典今昔物語集 二二・八


「色めき給(たま)へるなむ少しかたはに見え給ひける」


[訳] 好色でいらっしゃったのが少し不完全にお見えになった。


身体に障害がある。


不都合だ。みっともない。


出典伊勢物語 六五


「いとかたはなり。身も滅びなむ」


[訳] たいそう不都合だ。身もきっと滅びよう。








片端なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

片端なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




片端なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS