古語:

此処を以ての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 此処を以ての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ここ-を-もって 【此処を以て・是を以て】

分類連語


こういうわけで。そこで。


出典平家物語 二・教訓状


「相共に賢愚なり。環(たまき)のごとくして端なし。ここをもって設(たと)ひ人怒ると言ふとも」


[訳] お互いに賢くもあり愚かでもある。環のようになっていて、端はない。こういうわけで、たとえ人が怒っても。◆「ここをもちて」の変化した形。漢文訓読から起こった。








此処を以てのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

此処を以てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




此処を以てのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS