古語:

殆としの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほとほと-・し 【殆とし・幾とし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


もう少しで(…しそうである)。すんでのところで(…しそうである)。極めて危うい。


出典土佐日記 二・五


「ほとほとしくうちはめつべし」


[訳] (風が船を)もう少しで沈めてしまいそうだ。


ほとんど死にそうである。危篤である。


出典宇津保物語 国譲下


「ほとほとしき病者(びやうざ)を」


[訳] 危篤である病人を。








殆としのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

殆としのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




殆としのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS