古語:

段段の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

だん-だん 【段段】

[一]名詞

〔「…のだんだん」の形で〕事柄の一つ一つ。箇条箇条。次第。


出典狂言記 雁かり金


「ただ今のだんだん申し上げたれば」


[訳] 今の事柄の一つ一つを申し上げると。


いろいろの事柄。数々。


出典心中天網島 浄瑠・近松


「だんだんの御意見」


[訳] 数々の御意見。


[二]副詞

順を追って。次第に。


出典萩大名 狂言


「これはだんだんおもしろうござる」


[訳] これは次第にゆかいになってきます。


いろいろと。あれやこれや。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「だんだん訳あって」


[訳] いろいろ訳があって。








段段のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

段段のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




段段のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS