古語:

水無瀬川の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みなせ-がは 【水無瀬川】

名詞

水のない川。伏流となって地下を流れ、川床に水の見えない川。和歌では、表に現れない、表に現せない心をたとえることがある。「みなしがは」とも。



みなせ-がは 【水無瀬川】

分類枕詞


水無瀬川の水は地下を流れるところから、「下(した)」にかかる。


出典古今集 恋二


「みなせがは下に通ひて」


[訳] 心の中で思いが通って。



水無瀬川

分類地名


歌枕(うたまくら)。今の大阪府三島郡島本町を流れ、桂(かつら)川に注ぐ川。


出典新古今集 春上


「見渡せば山もと霞(かす)むみなせがは夕べは秋となに思ひけむ」


[訳] ⇒みわたせばやまもとかすむ…。









水無瀬川のページへのリンク
「水無瀬川」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

水無瀬川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




水無瀬川のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS