古語:

氷居るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つらら-・ゐる 【氷居る】

分類連語


氷が張る。こおりつく。


出典平家物語 五・文覚荒行


「比(ころ)は十二月十日あまりの事なれば、雪ふりつもりつららゐて、谷の小川も音もせず」


[訳] 季節は十二月十日過ぎのことであったから、雪が降り積もり氷が張って、谷の小川も水音一つしない。








氷居るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

氷居るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




氷居るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS