古語:

法灯の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほっ-とう 【法灯】

名詞

「ほふとう」に同じ。◆仏教語。



ほふ-とう 【法灯】

名詞

仏法。仏の教えを、世の闇(やみ)を照らす灯火にたとえていう語。


一宗の重鎮である、信望ある高僧。


出典徒然草 六〇


「宗のほふとうなれば、寺中にも重く思はれたりけれども」


[訳] 宗派の重鎮であるので、寺の中でも重要に思われていたが。◆「ほっとう」とも。仏教語。









法灯のページへのリンク
「法灯」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法灯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




法灯のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS