古語:

泡沫の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うた-かた 【泡沫】

[一]名詞

(水に浮かぶ)あわ。多く、はかないもののたとえに用いられる。


出典方丈記 


「淀(よど)みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし」


[訳] (川の)流れの滞っている所に浮かぶ水のあわは、一方では消え、同時に一方ではできて、そのまま(川の面に)長くとどまっている例はない。


[二]副詞

少しの間。「うたがた」とも。▽あわが、はかなく消える意から。


出典源氏物語 真木柱


「ながめする軒のしづくに袖(そで)ぬれてうたかた人を偲(しの)ばざらめや」


[訳] 長雨が降る軒のしずくとともに、もの思いに沈む私は袖をぬらしながら、少しの間でもあなたを思い出さずにはおられましょうか。








泡沫のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

泡沫のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




泡沫のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS