古語:

淀の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よど 【淀・澱】

名詞

淀(よど)み。川などの流れが滞ること。また、その場所。


出典万葉集 一七一四


「流るる水の岩に触れよどめるよどに月の影見ゆ」


[訳] 流れる水が岩にふれてよどむ、その淀みに月の光が映って見える。



分類地名


今の京都市伏見区の一地区。桂(かつら)・賀茂(かも)・宇治の三河川が合流して淀川となる辺りで、古くから水運の要地であった。









淀のページへのリンク
「淀」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

淀のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




淀のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS