古語:

清けしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さや-け・し 【清けし・明けし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


明るい。明るくてすがすがしい。清い。


出典大鏡 花山


「さやけき影をまばゆく思(おぼ)し召しつるほどに」


[訳] 明るくてすがすがしい月の光をまぶしくお思いになっていたときに。


すがすがしい。きよく澄んでいる。


出典万葉集 四〇〇三


「行く水の音もさやけく」


[訳] その流れる水のように音もすがすがしく。


参考

「さやけし」と「きよし」の違い 「さやけし」は、「光・音などが澄んでいて、また明るくて、すがすがしいようす」を表し、「きよし」も同様の意味を表すが、「さやけし」は対象から受ける感じ、「きよし」は対象そのもののようすをいうことが多い。








清けしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

清けしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




清けしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS