古語:

添ひ臥しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そひ-ぶし 【添ひ臥し】

名詞

添い寝。寄り添って寝ること。


出典源氏物語 紅葉賀


「いとかう世づかぬ御そひぶしならむ」


[訳] まったくこのように世間並みでない御添い寝であろう。


東宮や皇子などの元服の夜、そばに女性が添い寝をすること。また、その女性。


出典源氏物語 桐壺


「さらば、この折の後ろ見なかめるを、そひぶしにも」


[訳] それならこの(元服の)際の後見役もないようだから、(その姫君を、源氏の)添い寝役にでも。


参考

は古代の成人式の遺風とされ、添い臥しに選ばれた娘が正妻となる例が多い。公卿(くぎよう)の娘などが選ばれた。








添ひ臥しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

添ひ臥しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




添ひ臥しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS