古語:

清しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きよ・し 【清し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


澄んで美しい。


出典万葉集 六七一


「月読(つくよみ)の光はきよく照らせれど」


[訳] 月の光は澄んで美しく輝いているが。


(景色が)美しく、すがすがしい。清らかだ。


出典万葉集 九二五


「ぬばたまの(=枕詞(まくらことば))夜(よ)の更け行けば久木(ひさき)生ふるきよき川原に千鳥(ちどり)廔(しば)鳴く」


[訳] ⇒ぬばたまの…。


神聖だ。清浄だ。


出典万葉集 三二二三


「神名火(かむなび)のきよき御田屋(みたや)の」


[訳] 神名火山のふもとの神聖な神の田を守る小屋の。


(心に)けがれがない。潔白だ。


出典沙石集 九


「心は、きよく素直なるべきものなり」


[訳] 心は、けがれなく素直でなければならないものである。


〔連用形を副詞的に用いて〕きれいさっぱりだ。


出典枕草子 うれしきもの


「常におぼえたることも、また、人の問ふに、きよう忘れてやみぬる折ぞ多かる」


[訳] いつもは覚えていることも、改めて、人が尋ねたとき、きれいさっぱり忘れてそのままになってしまうことが多い。◇「きよう」はウ音便。









清しのページへのリンク
「清し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

清しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




清しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS