古語:

準ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なずら・ふ 【準ふ・擬ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


肩を並べる。準じる。「なぞらふ」とも。


出典源氏物語 桐壺


「女御子(をんなみこ)たち二所(ふたところ)、この御腹におはしませど、なずらひ給(たま)ふべきだにぞなかりける」


[訳] 皇女たちがお二方、この(弘徽殿(こきでん)の女御の)御腹にお生まれになっているが、(源氏に)肩をお並べになることができる方さえもないのであった。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


同程度・同格のものと見なす。比べる。


出典伊勢物語 二二


「秋の夜の千夜(ちよ)を一夜(ひとよ)になずらへて」


[訳] 秋の夜の千夜を一夜と見なして。


同じようなものに似せる。まねる。


出典源氏物語 少女


「いにしへの例(ためし)になずらへて白馬(あをうま)ひき」


[訳] 古い前例をまねて白馬を引き。◆「なぞらふ」とも。



なそ・ふ 【準ふ・擬ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


なぞらえる。他の物に見立てる。


出典万葉集 四〇五四


「ほととぎすこよ鳴き渡れ灯火(ともしび)を月夜(つくよ)になそへその影も見む」


[訳] ほととぎすよ、ここを通って鳴きながら飛び過ぎよ、(月のない夜だから)灯火を月に見立て、その光でお前の姿も見よう。◆後には「なぞふ」とも。



なぞら・ふ 【準ふ・擬ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


「なずらふ[一]」に同じ。


出典後撰集 春中


「身になぞらへる花にしあらねば」


[訳] 私などと肩を並べている(つまらない)花ではないので。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


「なずらふ[二]」に同じ。


出典方丈記 


「今の世の有様、昔になぞらへて知りぬべし」


[訳] 今の世のようすを、昔にひき比べて理解するがよい。


「なずらふ[二]」に同じ。








準ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

準ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




準ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS