古語:

為体の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てい-たらく 【為体】

名詞

ようす。姿。なりゆき。


出典平家物語 七・願書


「覚明(かくめい)がていたらく、褐(かち)の直垂(ひたたれ)に」


[訳] 覚明の姿は、濃い紺色の直垂に。


参考

名詞「てい(体)」に助動詞「たり」の未然形「たら」と体言化の接尾語「く」が付いて一語化したもの。直訳すると、「そのようなようすであること」の意。単なる姿・ようすではなく、何かの事情から生じた姿・ようすをいう。現代では、「何という体たらくだ。」のように、人をさげすんだり、ののしったりする場合に用いるが、古くはそのような意味はなかった。








為体のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

為体のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




為体のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS