古語:

無徳なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

む-とく・なり 【無徳なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


(徳がないので)収入が少ない。貧しい。


出典宇津保物語 嵯峨院


「むとくなる司(つかさ)にて年ごろ経(へ)ければ」


[訳] 貧しい役人で長年過ごしたので。


何の効果もない。役に立たない。


出典源氏物語 常夏


「水の上むとくなる今日の暑かはしさかな」


[訳] 水の上も役に立たない今日の暑苦しさだなあ。


体裁が悪い。ぶざまだ。


出典枕草子 むとくなるもの


「むとくなるもの。潮干の潟にをる大船」


[訳] ぶざまなもの、干潟に残された大船。








無徳なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

無徳なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




無徳なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS