古語:

無心の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

む-しん 【無心】

[一]名詞

無心連歌(れんが)。▽和歌的な優雅な連歌を「有心(うしん)」というのに対し、滑稽(こつけい)味のある連歌をいう。


出典筑波問答 


「有心むしんとて、うるはしき連歌と狂句とをまぜまぜにせられしことも常に侍(はべ)り」


[訳] 有心・無心連歌といって、優雅な連歌と滑稽な句とをまぜこぜになさったことも常にあります。


無遠慮な願い。厚かましいねだり。


出典靫猿 狂言


「猿引きに初めて会うて、むしんを言ふはいかがなれども」


[訳] 猿使いに初めて会って、無遠慮な願いを言うのもどうかとは思うが。


[二]形容動詞語幹

⇒むしんなり。


出典源氏物語 若菜下


「このおとどの、さるむしんの女房に心合はせて、入(い)り来たりけむにも」


[訳] この(髭黒(ひげくろ)の)大臣があんな無思慮の女房と心を合わせて、(玉鬘(たまかずら)の所へ)入ってきたような場合にも。



無心

分類文芸


鎌倉・室町時代の和歌・連歌(れんが)の美的理念の一つ。優雅な和歌的情趣から外れた、滑稽(こつけい)で卑俗的な傾向をいう。「無心連歌」や、のちの貞門(ていもん)・談林の俳諧(はいかい)に見られ、俳諧や狂歌の根源となった。「有心(うしん)」に対していう。









無心のページへのリンク
「無心」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

無心のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




無心のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS