古語:

然しながらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然しながらの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-し-ながら 【然しながら】

副詞

全部。すっかり。


出典蜻蛉日記 中


「宿見れば蓬(よもぎ)のかどもさしながら荒るべきものと思ひけむやぞ」


[訳] お屋敷を見ると、よもぎが茂った門も閉ざしたままで、すっかり荒れてしまうとはどうして思ったであろうか、いや、決して思いもよらなかった。


あたかも。さながら。


出典拾遺集 賀


「大空に群れたる鶴(たづ)のさしながら思ふ心のありげなるかな」


[訳] 大空に群がっている無心の鶴(つる)もあたかもあなたの長寿を祝う心があるように見えることよ。



しかし-ながら 【然しながら】

[一]副詞

そのままそっくり。ことごとく。


出典平家物語 七・忠度都落


「京都の騒ぎ、国々の乱れしかしながら当家の身の上のことに候ふあひだ」


[訳] 京都の騒ぎ、国々の乱れはことごとく当家(=平家)の境遇のことでありますので。


要するに。つまり。結局。


出典宇治拾遺 一一・一〇


「人のために恨みを残すは、しかしながら、わが身のためにてこそありけれ」


[訳] 人のために恨みを残すのは、結局自分自身のため(=自分自身に返ってくるもの)であった。


[二]接続詞

そうではあるが。しかし。◆中世末期以降の用法。








然しながらのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然しながらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然しながらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS