古語:

無文の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

む-もん 【無文・無紋】

名詞

冠・衣・帯・太刀などの地に模様のないこと。無地。また、そのもの。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「紅梅の濃き薄き織物、固紋(かたもん)・むもんなどを」


[訳] 紅梅の色の濃いまたは薄い織物、固紋(=織物の、糸を浮かさずに固くしめて織った模様)、無地などを。


和歌・連歌(れんが)・俳諧(はいかい)で、技巧や趣向をこらさないこと。また、そのような表現の歌や句。[反対語]有文(うもん)。









無文のページへのリンク
「無文」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

無文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




無文のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS