古語:

物寂ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-さ・ぶ 【物寂ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


なんとなくさびれる。


出典夜討曾我 謡曲


「我ら兄弟が幕の内ほどものさびたるは候はじ」


[訳] 我ら兄弟の幕の内ほどなんとなくさびれているのはございますまい。


なんとなく古びて趣がある。


出典十訓抄 一


「いとどものさびたる家のすのこの下に」


[訳] いっそう古びて趣のでている家のすのこの下に。◆「もの」は接頭語。








物寂ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物寂ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




物寂ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS