古語:

物難しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-むつか・し 【物難し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


なんとなく嫌である。なんとなくうっとうしい。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・一


「見所もなきふるさとの木立(こだち)を見るにも、ものむつかしう思ひ乱れて」


[訳] 見所もない実家の木立を見るにつけても、なんとなくうっとうしく思い乱れて。◇「ものむつかしう」はウ音便。


薄気味悪い。


出典源氏物語 夕顔


「鳥部野(とりべの)の方(かた)見やりたるほどなどものむつかしきも」


[訳] (火葬場のある)鳥部野の方をはるかに見渡したときなど、薄気味悪いのも。◆「もの」は接頭語。








物難しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物難しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




物難しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS