古語:

玉勝間の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たま-かつま 【玉勝間・玉籠】

分類枕詞


「かつま」は、かごの意。竹かごは蓋(ふた)と身とが合うことから「逢(あ)ふ」にかかり、「逢ふ」に似た音の地名「安部(あべ)」にもかかる。また、地名「鳥熊山(とりくまやま)」にかかるが、かかる理由未詳。


出典万葉集 二九一六


「たまかつま逢はむといふは誰(たれ)なるか」


[訳] 会おうというのはだれなのですか。◆「たま」は接頭語で美称。



玉勝間

分類書名


随筆。本居宣長(もとおりのりなが)作。江戸時代後期(一七九四~一八一二)刊。十五巻。〔内容〕題名の玉は美称。かつまは籠(かご)。学問や人生などに対する宣長の豊かな学識が、雅文体の名文のなかに伺える。









玉勝間のページへのリンク
「玉勝間」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

玉勝間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




玉勝間のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS