古語:

生死の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃう-じ 【生死】

名詞

生き死に。


出典徒然草 九三


「しゃうじの相(さう)にあづからずといはば、実(まこと)の理(ことわり)を得たりといふべし」


[訳] 生き死にの境地を超越しているというならば、真の仏法の理を得た人といってよい。


死。死期。▽「死」に重きをおいていう語。


出典徒然草 四一


「我らがしゃうじの到来、ただ今にもやあらん」


[訳] 私たちの死期が来るのは、たった今かもしれない。


生・老・病・死の四苦(しく)の始めと終わり。人々の苦と迷いの世界。


出典徒然草 五八


「げにはこの世をはかなみ、必ずしゃうじを出(い)でんと思はんに」


[訳] 本当にこの世をむなしく感じて、きっと人々の苦と迷いの世界から抜け出そうと思うのに。◇仏教語。









生死のページへのリンク
「生死」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

生死のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




生死のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS