古語:

相添ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あひ-そ・ふ 【相添ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


一緒にいる。


出典大和物語 一五六


「年ごろ親のごと養ひつつあひそひにければ」


[訳] 数年来、親のようにずっと養育し一緒にいたのだったから。◆「あひ」は接頭語。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


添える。


出典古今集 離別


「たらちねの(=枕詞(まくらことば))親の守りとあひそふる心ばかりはせきなとどめそ」


[訳] 親がわが子の守りとして子に添える親心ぐらいは、関所よせきとめないでおくれ。◆「あひ」は接頭語。








相添ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

相添ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




相添ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS