古語:

程こそ有れの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 程こそ有れの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほど-こそ-あれ 【程こそ有れ】

分類連語


…する時間はあったものの。…する時であるけれども。


出典徒然草 一九


「花もやうやうけしきだつほどこそあれ、折しも雨風うち続きて」


[訳] 桜の花も次第にその季節らしく咲こうとする時であるが、ちょうど雨や風が続いて。


「ほどこそありけれ」に同じ。


出典太平記 二


「鬢(びん)の髪のそそぎたるを撫(な)であげ給(たま)ふほどこそあれ、太刀の影後ろに光って見えしかば」


[訳] 鬢の毛のほつれをなでられるとすぐに、太刀の輝きが(俊基(としもと)の)背後で光って見えた。








程こそ有れのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

程こそ有れのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




程こそ有れのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS