古語:

稜稜しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そばそば-・し 【稜稜し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


いかにもかどばっている。居心地が悪い。


出典宇津保物語 菊の宴


「優婆塞(うばそく)が行ふ山の椎(しひ)がもとあなそばそばし」


[訳] 在俗のまま仏門に入った男性が修行する山の椎の木の下はあゝかどばって居心地が悪い。


よそよそしい。しっくりいかない。(仲が)悪い。


出典源氏物語 桐壺


「弘徽殿(こきでん)の女御(にようご)、またこの宮とも、御仲そばそばしきゆゑ」


[訳] 弘徽殿の女御は、またこの(藤壺(ふじつぼ)の)宮とも、お仲が悪いので。








稜稜しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

稜稜しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




稜稜しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS