古語:

聞くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

き・く 【聞く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


聞く。耳にする。


出典徒然草 一九一


「もの言ひたる声も、暗くてききたる、用意ある、心にくし」


[訳] 何かものを言っている声も、暗い中で聞いたのが、気くばりがあるのは、奥ゆかしい。


聞いて、知る。伝え聞く。


出典徒然草 五二


「ききしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ」


[訳] (石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は)うわさに聞いたのよりもまさって、尊くていらっしゃった。


従う。承知する。


出典伊勢物語 二三


「親のあはすれども、きかでなむありける」


[訳] 親が結婚させようとするけれども、承知しないでいたのだった。


尋ねる。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「『何をかあそばして、かく年月か』ときけば」


[訳] 「どんなことをなさって今まで過ごして来られたか」と尋ねると。


味わいを試す。


出典伯母が酒 狂言


「良い酒か悪(あ)しい酒か、私の一つきいてみずはなりますまい」


[訳] 良い酒か、まずい酒か、私がちょっと味わいを試してみなければならないでしょう。◆「きい」はイ音便。


(香を)かぐ。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「手前に香炉の回る時、しめやかにききとめ」


[訳] 自分の前に香炉がまわってきたとき、しとやかに香をかぎわけて。


参考

奈良・平安時代には、耳にする、あるいは、聞いて知る、の意がふつうで、尋ねるの意となることはほとんどない。尋ねるの意には「問ふ」を用いるのが一般的であった。









聞くのページへのリンク
「聞く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

聞くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




聞くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS