古語:

苧環の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おだまき 【苧環】

⇒をだまき



を-だまき 【苧環】

名詞

紡いだ麻糸を、内側が空洞(くうどう)になるようにして繰り返し球状に巻いたもの。和歌では、「繰り返す」「賤(いや)し」を導く序詞(じよことば)を構成することが多い。


出典伊勢物語 三二


「いにしへの倭文(しづ)のをだまき繰り返し昔を今になすよしもがな」


[訳] 古代の倭文織物を織るために繰り返し巻いた苧環、それではないが、もう一度たぐり寄せて(仲むつまじかった)昔を今に戻す方法があったらなあ。









苧環のページへのリンク
「苧環」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

苧環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




苧環のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS