古語:

倭文の苧環の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 倭文の苧環の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しづ-の-をだまき 【倭文の苧環】

分類連語


「倭文(しづ)(=日本固有の織物の一種)」を織るのに用いる「苧環(をだまき)(=紡いだ麻糸を、中がうつろになるように球状に巻いたもの)」。


出典伊勢物語 三二


「いにしへのしづのをだまき繰り返し昔を今になすよしもがな」


[訳] 古代の倭文の苧環のように、もう一度たぐり寄せて(仲むつまじかった)昔を今に戻す方法があったらなあ。


参考

和歌で、糸を繰り出す意から「繰(く)る」の序詞(じよことば)を、また、「しづ」を「賤(しづ)」の意にかけて「いやし」の序詞を構成する。








倭文の苧環のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

倭文の苧環のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




倭文の苧環のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS