古語:

荒れ増さるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 荒れ増さるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あれ-まさ・る 【荒れ増さる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


荒れ方がひどくなっていく。


出典源氏物語 須磨


「いとどあれまさらむほど、おぼしやられて」


[訳] いよいよ(邸内の)荒れ方がひどくなっていくだろうようすが思いやられなさって。


心がますます荒れていく。


出典蜻蛉日記 上


「心のとくる世なきに、あれまさりつつ」


[訳] 心がしっくりと打ち解けあうときもなく、気持ちがいよいよ荒れていっては。








荒れ増さるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

荒れ増さるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




荒れ増さるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS