古語:

覚むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ・む 【覚む・醒む】

自動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


眠りや夢・酔いなどからさめる。


出典伊勢物語 六九


「夢か現(うつつ)か寝てかさめてか」


[訳] あれは夢か実際にあったことか、寝ていたときのことか、さめていたときのことか。


迷いや物思いからさめる。平静になる。


出典源氏物語 朝顔


「うき世の嘆きみなさめぬる心地なむ」


[訳] つらいこの世の悲しみもみなさめてしまったような気持ちがする。








覚むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

覚むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




覚むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS