古語:

覚ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼ・ゆ 【覚ゆ】

[一]自動詞ヤ行下二段活用

{語幹〈おぼ〉}


思われる。感じられる。


出典徒然草 一三七


「心あらん友もがなと、都恋しうおぼゆれ」


[訳] 情趣を解するような友がいたらなあと、(そういう友のいる)都が恋しく思われる。


思い出される。思い起こされる。


出典源氏物語 少女


「昔おぼゆる花橘(はなたちばな)、撫子(なでしこ)、薔薇(さうび)くたになどやうの花くさぐさを植ゑて」


[訳] 昔のことが思い起こされるたちばなの花、なでしこ、そうび、くたになどといった花をいろいろ植えて。


似る。似ている。


出典源氏物語 若紫


「少しおぼえたるところあれば、子なめりと見給(たま)ふ」


[訳] 少し似ているところがあるので、(尼君の)子であろうと(源氏は)ご覧になる。


[二]他動詞ヤ行下二段活用

活用{え/え/ゆ/ゆる/ゆれ/えよ}


思い出す。


出典更級日記 かどで


「わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ」


[訳] 自分の思うとおりに、(姉たちは物語を)そらんじていてどうして思い出して話せようか、いや、話せない。


思い出して語る。


出典大鏡 序


「いと興あることなり。いでおぼえたまへ」


[訳] (昔物語は)とてもおもしろいことだ。さあ、思い出して語ってください。









覚ゆのページへのリンク
「覚ゆ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

覚ゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




覚ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS