古語:

触ればふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふれ-ば・ふ 【触ればふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


物などに近づき、触れる。手を触れる。


出典源氏物語 野分


「香(かう)のかをりもふればひたまへる御けはひにやと」


[訳] (感じられる)香のかおりも(秋好(あきこのむ)中宮が)手をお触れなさったお名残であろうかと。


人とかかわりを持つ。男女が親しく接する。


出典源氏物語 行幸


「ことさらにもかの御あたりにふればはせむに」


[訳] わざわざあちらのおそばに親しく接しさせようとするのに。








触ればふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

触ればふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




触ればふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS