古語:

触るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ・る 【触る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(軽く)さわる。ふれる。


出典万葉集 四三二八


「磯(いそ)にふり海原(うのはら)渡る」


[訳] 磯にふれて(=岩伝いに船で)海原を渡る。◆上代語。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


(軽く)さわる。ふれる。(食事に)箸(はし)をつける。


出典源氏物語 桐壺


「けしきばかりふれさせ給(たま)ひて」


[訳] (お食事に)形だけ箸をおつけになられて。


(ほんの少し)かかわり合う。関係する。


出典源氏物語 桐壺


「この御事にふれたることをば、道理をも失はせ給ひ」


[訳] この桐壺(きりつぼ)の更衣に関係したことには、(帝(みかど)は)道理をも無視なさって。


[三]他動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


(広く)告げ知らせる。


出典平家物語 一・内裏炎上


「子細を衆徒(しゆと)にふれんとて、登山(とうざん)しけるを」


[訳] 詳細を衆徒に告げ知らせようと、比叡山(ひえいざん)に登って来たのを。









触るのページへのリンク
「触る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

触るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




触るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS