古語:

詰めの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つめ 【詰め】

名詞

端(はし)。きわ。橋のたもと。


出典平家物語 四・橋合戦


「二万八千余騎、…宇治橋のつめにぞ押し寄せたる」


[訳] 二万八千騎余りが…宇治橋のたもとに押し寄せた。


(能や狂言の作品中の)眼目となる所。急所。見せ場。


「詰め袖(そで)」の略。わきを縫って袋状にした短い袖(の着物)。また、その着物を着る年ごろの女。年増(としま)女。◇近世語。








詰めのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

詰めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




詰めのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS