古語:

調の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てう 【調】

名詞

古代の税制の一つ。穀物以外の絹・糸・綿などの物品を納めるもの。


音楽の調子。音律。「でう」とも。「盤渉(ばんしき)てう」「黄鐘(わうじき)てう」。


双六(すごろく)で、二つの賽(さい)に同じ目が出ること。


出典枕草子 こころゆくもの


「調食(てうばみ)に、てう多く打ち出(い)でたる」


[訳] 双六で調食(=二つの賽に同じ目を出す遊び)をして、同じ目が多く出たとき。



み-つき 【貢・調】

名詞

租・庸・調(ちよう)などの租税の総称。▽「調(つき)(=年貢(ねんぐ))」を敬っていう語。◆「み」は接頭語。のちに「みつぎ」。



チョウ 【鳥・朝・銚・調】

⇒てう









調のページへのリンク
「調」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

調のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




調のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS