古語:

調ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ちょうず 【調ず】

⇒てうず



てう-・ず 【調ず】

他動詞サ行変格活用

{語幹〈てう〉}


こしらえる。作る。調達する。


出典枕草子 心にくきもの


「よくてうじたる火桶(ひをけ)の灰の際清げにて」


[訳] 上手に作った火鉢が、灰の際がきれいで。


調理する。


出典源氏物語 若菜下


「若菜などてうじてや」


[訳] 若菜などを調理してはどうか。


祈り伏せる。調伏する。


出典枕草子 すさまじきもの


「験者(げんざ)の、物の怪(け)てうずとて」


[訳] 修験者(しゆげんじや)が物の怪を調伏するといって。


こらしめる。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「くらもちの皇子(みこ)、血の流るるまでてうぜさせ給(たま)ふ」


[訳] くらもちの皇子は、血が流れるまで(工匠を)こらしめなさる。








調ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

調ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




調ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS