古語:

賢しらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さかし-ら 【賢しら】

名詞

りこうぶること。こざかしいこと。


出典万葉集 三四四


「あなみにくさかしらをすと酒飲まぬ人をよく見れば猿にかも似る」


[訳] ⇒あなみにく…。


おせっかい。差し出がましいこと。


出典伊勢物語 四〇


「さかしらする親ありて」


[訳] 差し出がましいことをする親があって。


(人を陥れるための)告げ口。密告。


出典雨月物語 吉備津の釜


「人のさかしらにあひて、領(し)る所をも失ひ」


[訳] 他人の密告にあって、所領をも失い。◆「ら」は接尾語。








賢しらのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

賢しらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




賢しらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS