古語:

轟轟の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とどろ-とどろ 【轟轟】

副詞ごろごろ。ごうごう。どんどん。

▽(雷などの)大きな音が響きわたるさま。


出典紫式部日記 寛弘五・七・中


「御加持(ごかぢ)まゐりたまふ足音、渡殿(わたどの)の橋の、とどろとどろと踏み鳴らさるるさへぞ」


[訳] (僧正が二十人の僧を引きつれて寝殿へ)御加持をなさりに行かれる足音、(その揃(そろ)いの足踏で)渡り廊下の床板がどんどんと踏み鳴らされるのまでが。◆「とどろ」を強めた語。








轟轟のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

轟轟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




轟轟のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS